×

販売台数増加により増収 ~藤商事、2022年3月期第2四半期決算

藤商事は10月29日、2022年3月期の第2四半期決算を発表。連結経営成績(累計)は、売上高78億2300万円(前年同期比プラス18.2%)、営業損失34億2800万円(前年同期は営業損失33億7300万円)、経常損失33億8200万円(前年同期は経常損失33億3200万円)、純損失26億1600万円(前年同期は純損失38億2300万円)だった。

パチンコ機については「P地獄少女 きくりのお祭りLIVE」(3700台販売)、「P真・暴れん坊将軍 双撃」(4500台販売)に加え、その他のシリーズ機など計2万5500台(対前年同期比プラス53.4%)を販売。パチスロの新機種の発売なかった。

今後は、「P地獄少女 華」や「Sリング 運命の秒刻」などの主力タイトルの発売を第3四半期以降に予定するほか、新規則機移行後を見据えた「スマートパチンコ」「スマートパチスロ」の開発を推進。売上高、経常利益ともに概ね計画通りに進捗しているとして2022年3月期通期の連結業績予想に変更はなく、パチンコ9万台、パチスロ5000台の販売を計画し、売上高346億円、営業利益20億円、経常利益20億円、純利益14億円を見込む。

株式会社藤商事


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:179件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『アビバ関内店』 神奈川県横浜市中区の「関内駅」から「伊勢佐木長者町駅」の周辺エリアは、8軒のパチン ...

2

保安通信協会(保通協)は1日、2022年6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

3

6月中の閉店・休業件数は66軒。本年の半年間で閉鎖したパチンコホール数は500軒近くに上っている。 ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島