×

回胴遊商の「幼児車内放置ゼロ」巡回活動、今年も発見事例「ゼロ」を報告

回胴式遊技機商業協同組合(回胴遊商)は10月29日、令和3年度「幼児車内放置ゼロ」巡回活動の結果をまとめ、今年も発見事例は「ゼロ」だったことを報告した。

回胴遊商の「幼児車内放置ゼロ」巡回活動は平成17年8月からスタートし、今年で17年目。組合員各社に所属する社員等が、取引先のパチンコホールを訪問する際、車内巡回用のビブス等を着用して、幼児が車内に放置されていないかホール駐車場を見回る活動を行っている。

回胴遊商では「今年の夏も猛暑となったことに加え、新型コロナウイルス感染拡大防止にも配慮しながらの取組みとなる中、例年同様、1社で複数の報告書を提出された組合員もあり、本活動に対する取り組みへの関心の高さと熱意が感じられた」と総括している。

回胴式遊技機商業協同組合(回胴遊商)


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:179件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『アビバ関内店』 神奈川県横浜市中区の「関内駅」から「伊勢佐木長者町駅」の周辺エリアは、8軒のパチン ...

2

保安通信協会(保通協)は1日、2022年6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

3

6月中の閉店・休業件数は66軒。本年の半年間で閉鎖したパチンコホール数は500軒近くに上っている。 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島