×

パチンコ業界ニュース 遊技機メーカー

エンタテインメントコンテンツ事業の好調で黒字に、セガサミーHD第2四半期決算

セガサミーホールディングスは8日、2022年3月期の第2四半期決算を発表。連結経営成績(累計)は、売上高1348億9300万円(前年同期比プラス22.4%)、営業利益146億7800万円(前年同期は30億7600万円の営業損失)、経常利益147億5200万円(前年同期は35億8300万円の経常損失)、四半期純利益120億1200万円(前年同期は217億1600万円の純損失)となった。

遊技機事業においては、パチスロ機では「パチスロコードギアス 反逆のルルーシュ3」(1万3429台販売)、「パチスロ楽園追放」(2945台販売)など4タイトル、3万1184台を販売(前年同期は1タイトル、4885台)。パチンコ機では「P蒼天の拳 天刻」(4682台販売)や「デジハネPA真・北斗無双 第2章 連撃Edition」(2586台販売)など3タイトル、2万3118台を販売(同2タイトル、1万1342台)。その結果、売上高は233億3500万円(前年同期比プラス116.9%)、経常損失は13億2400万円(前年同期は124億2500万円の経常損失)となった。

エンタテインメントコンテンツ事業においては、各事業分野が好調に推移し、売上高1074億7400万円(前年同期比プラス10.8%)、経常利益227億900万円(同プラス34.7%)となった。

リゾート事業は、売上高38億3200万円(前年同期比プラス70.6%)、経常損失39億5500万円(前年同期は46億6200万円の経常損失)となった。なお、海外の「パラダイスシティ」においては2021年1月~6月のドロップ額(テーブルにおけるチップ購入額)が前年同期比で40.3%、カジノ来場者数が同比58.4%となるなど、大幅な落ち込みが見られた。

通期の連結業績予想については、半導体をはじめとした世界的な部材調達リスクの影響を受け、遊技機の販売台数計画を見直し、パチスロ6万7000台(前回予想10万1000台)、パチンコ7万7000台(同10万3000台)に修正。一方、エンタテインメントコンテンツ事業が好調に推移していることにより、各段階利益が前回発表予想を上回る見込みになったとして、売上高3050億円(前回予想値からの増減額マイナス70億円)、営業利益230億円(同プラス30億円)、経常利益215億円(同プラス15億円)、当期純利益150億円(同プラス10億円)とした。

セガサミーホールディングス株式会社

コメント (0)

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-,

© 2021 パチンコ・パチスロ情報島