×

パチンコ業界ニュース 業界団体

「社会貢献の灯は消さない」 三重県遊協、今年もフリースクール「三重シューレ」に支援金650万円を寄贈

三重県遊技業協同組合(三遊協)は11月25日、三重県津市の組合会議室においてフリースクール「三重シューレ」への支援金贈呈式を開催し、約650万円を寄贈した。

三重シューレは、不登校や引きこもり、家庭の事情で就学の機会を得られない子どもたちを対象としてその相談や進学、社会に出ていくための支援を行うNPO法人。同組合では、社会貢献活動の一環として2003年から三重シューレの支援を行ってきた。2016年には全額給付型の奨学金制度を発足させ、2019年度からは飲料メーカーの協力のもと、同スクールを対象とした寄付金型自動販売機の設置・運用をスタート。しかし、コロナ禍以降、組合員の廃業も相次ぐなど極めて厳しい経営環境が続いている中、本年9月理事会で今後の社会貢献活動について協議。その結果、経営は厳しくても「社会貢献の灯は消さない」旨を決議し、本年度も前年度同様の支援を実施することを決めた。

贈呈式で権田清理事長は、三重シューレの石山佳秀代表へ目録を贈呈。石山代表は「フリースクールの活動も組合の支援により充実させることができ、今年は認定こども園の認可取得に向け頑張っている。ここまで来れたのも、組合の支援があったからこそ」と謝意を述べるとともに今後の取り組み方針などを説明した。

なお昨年、三重シューレへの支援事業の功績が認められ、パチンコ・パチスロ社会貢献機構の社会貢献大賞を受賞している。

三重県遊技業協同組合(三遊協)

コメント (0)

編集部ピックアップ

1

1月6日の秋葉原の様子。大雪の影響で人出は少なかった 昨年12月末に導入された「P新世紀エヴァンゲリ ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島