×

パチンコ業界ニュース 業界団体

京遊協、寄付・助成金贈呈式並びに営業者・管理者等研修会を開催 寄付金累計額は9億1600万円に

京都府遊技業協同組合(京遊協)は11月29日、京都市上京区の京都ブライトンホテル京都において、令和3年度寄付・助成金の贈呈式並びに営業者・管理者等研修会を開催。府下の店舗管理者や経営者など約140名が集まった。

冒頭、挨拶に立った白川鐘一理事長は、「我々にとって社会貢献活動は、地域に根差し、地域に愛される存在を目指す業界の責任として欠かすことのできない大切な活動。先代からの遺志を引継ぎ、今後も歩みを止める事なく社会の期待に応えていくことが、我々に課せられた使命であり、それが業界の未来につながっていると信じている」と述べ、組合員の更なる支援・協力を求めた。

京都府遊協からの助成金として、「京遊協おこしやすパチンコ・パチスロファン感謝祭」の開催時にホールから拠出された社会貢献協賛資金を基に、社会福祉法人城陽市社会福祉協議会「西部ディサービスセンター」に車いす利用者のための送迎用普通自動車購入の一部助成金として200万円を贈呈した。

また、京遊連社会福祉基金は、京都市の福祉支援として100万円、コロナ対策支援として100万円を贈呈。さらに府内21の福祉団体等に総額799万6116円を贈った。これ以外にも、京都府共同募金会に50万円、令和4年の全国車いす駅伝競走大会実行委員会に100万円を贈呈する予定で、本年度の助成金等総額は1419万3536円に上り、財団発足以来の累計金額は9億1616万2505円となった。これらの活動に対し、社会福祉法人城陽市社会福祉協議会が代表して、白川理事長に感謝状を贈っている。

営業者・管理者等研修会では、京都府警察本部生活安全部生活安全企画課許可等事務審査室の松村和紀室長補佐による講話が行われ、「ぱちんこ依存防止対策」「旧規則機の撤去」「適法営業の徹底」の3点について要請。このうち依存防止対策では、自己申告・家族申告プログラムの導入について「未導入店舗は依存対策に消極的な店舗ではないかと取組み姿勢が問われる」と述べるなど、京都だけが取り残されることのないよう、導入率のアップを期待した。

京都府遊技業協同組合(京遊協)

コメント (0)

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島