×

新台 パチンコ業界ニュース

清龍ゲームジャパン、6号機2機種目となる30Φパチスロの新台「トリプルクラウンV-30」を発表

パチスロメーカーの清龍ゲームジャパンは6日、30Φパチスロの新台「トリプルクラウンV-30」の製品ページを公開した。

本機は、沖縄県で高いシェアを持つ「トリプルクラウン」シリーズの最新作。今年3月に登場した「ミスタートリプルクラウン」に続き6号機では2機種目となる。原点回帰をテーマに、6号機沖スロ最高峰となるBB252枚獲得を実現した。

ボーナスは、純増最大252枚の「BIG BONUS」と、純増最大98枚獲得の「BONUS GAME」の2種類。ボーナス中は1度だけ右リールから逆押しすれば最大枚数が獲得できる。ボーナス合成確率は1/184.61(設定①)~1/142.47(設定⑥)、出玉率は96.6%(設定①)~107.0%(設定⑥)となっている。

なお、弊社データベース「新P-search」12月2日集計データでは、旧規則機の「トリプルクラウン」シリーズは「トリプルクラウンX-30」「トリプルクラウン ZERO Ⅱ-30」「トリプルクラウンG-30」「ニュートリプルクラウン3-30」の4機種で2500台ほどの設置が確認されている。

「トリプルクラウンV-30」製品サイト
http://seiryugame.co.jp/triplecrown_v/index.html

コメント (0)

-新台, パチンコ業界ニュース
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島