×

パチンコ業界ニュース 業界団体

11月末の新規則機比率は77.3%、旧規則機はパチンコ・パチスロ合わせて残り88万台に

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)は6日、メーカー・販社団体がまとめた11月末時点の「新規則機『設置比率』の進捗計画」および「県別 新規則機設置比率(都道府県順)」を各都府県方面遊協に送付した。

文書によると、11月末時点における新規則機の設置比率は約77.3%(10月末時点は約74.4%)で目標値(90.0%)に10ポイント以上届かなかった。遊技機別では、パチンコ約84.8%(10月末時点は約82.1%)、パチスロ約65.9%(10月末は約62.6%)と、パチスロの移行が大きく遅れている。なお、旧規則機の残存数はパチンコが36万台、パチスロが52万台の計88万台となっている。

文書では「11月末で90%としていた合算の設置比率の目標値から、依然として大きく乖離している」としたうえで、「傘下組合員ホールの各店舗において新規則機の設置比率の現状を正確に把握、認識した上で、進捗計画で示された新規則機の設置比率が形骸化することなく確実に実施されるよう、旧規則機の計画的撤去の更なる促進に向けより一層のご指導をいただき、年末から来年1月にかけて入替が集中することのないよう、何卒よろしくお願い申し上げます」と協力を要請している。

また、都府県方面別で目標値(90.0%)を上回った地域はなく、最も設置比率が高いのは福井県で83.1%(パチンコ88.8%、パチスロ71.1%)。一方、最低は沖縄県で57.6%(パチンコ87.8%、パチスロ37.7%)となった。

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)

コメント (0)

編集部ピックアップ

1

1月6日の秋葉原の様子。大雪の影響で人出は少なかった 昨年12月末に導入された「P新世紀エヴァンゲリ ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島