×

ニューギンのパチンコ新台「P真・花の慶次3」、直営店『パーラーニューギン』でテスト導入開始

ニューギンは16日、名古屋市中川区の直営パチンコ店『パーラーニューギン』において、パチンコ新台「P真・花の慶次3」のテスト導入を開始した。

4円パチンコに10台、1円パチンコに10台の計20台を導入。同店のスタッフは、「導入に合わせてホールスタッフの制服も一新した。新たな気持ちで臨みたい」と、「花の慶次」シリーズの最新作ということでかなり期待しているとのことだった。

当日は夕方6時オープンにも関わらず、昼過ぎには並ぶ人の姿があった。一番乗りで並んでいた男性らはこの日のために東京から来たという。また、近所に住んでいるという女性客は、「神奈川からこっちに引っ越してきて、ニューギンの直営店があるというので来るようになった。神奈川とはスタイルが違い、お店もお客さんものんびりした空気を感じる。新しい慶次も面白ければいいなと期待して来てみた」と話した。

「P真・花の慶次3」は、同社の看板タイトルの一つであるパチンコ「花の慶次」シリーズの最新作。2015年より始まった「真」シリーズの最終章と位置付けられ、物語の結末がフルCGで描かれている。スペックは、大当り確率1/319.68分のV確-STタイプ。「真・傾奇RUSH」(ST135回)は、突入率約67.5%、継続率約83.3%、10R(約1500個)比率80%と最高峰のRUSH性能を備えた。

なお、本機の全国導入開始は2021年1月24日となっている。

株式会社ニューギン

©隆慶一郎・原哲夫・麻生未央/コアミックス 1990,版権許諾証 YSR-432


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:85件)


コメント:2件 コメントを書く

  1. 台の上についてるのなに?
    金かけていれた立派なデータランプが台無しだなw

    2
    0
  2. ホントに余計なゴミ、あんなもんつけるより100円安くしろよ。
    ランプ見えなくて迷惑だ。ココの開発はセンス無さすぎだろ。
    外して営業できるような変更承認の書類よろしく。

    1
    0

今、読まれています!

1

『キコーナ吹田店』 近年のパチンコ業界において躍進を続けてきたアンダーツリーグループ(キコーナ)。全 ...

2

『本八幡UNO』 千葉県市川市は県下において第4位の人口数を誇っている。その中で(JR市川駅と並んで ...

3

パチスロ6.5号機の第一陣として注目が集まる「Sキャッツ・アイ」(平和) 次の新台入替は6月6日から ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島