×

大遊協、未来っ子カーニバルの取組みを発信

大阪府遊技業協同組合(大遊協)は18日、BS11デジタルの「ときめきを、文化に~笑顔になるまち~」において、同組合を代表する社会貢献活動「未来っ子カーニバル」の取組みを説明した。

同番組は、全日遊連の提供により、毎週土曜日21時55分から5分間、全国各遊協の社会貢献の取組みなどを13回に分けて放送。今回は、大遊協の青年部会が1987年から継続して開催する養護施設等の子どもたちを招いたクリスマスイベントを取り上げ、第1回の時に大遊青の代表だった平川容志理事長が当時の思い出を語った。

第1回は400人規模だったが、現在は2000人規模にまで発展。ただし、昨年来のコロナ禍にあって、開催は2年連続して中止。そのため、各養護施設の要望を聞きながら、昨年に続いて、施設へクリスマスケーキ、そして子どもたちへのクリスマスプレゼントを届ける予定だという。

大阪府遊技業協同組合(大遊協)


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:302件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『ピータイムおもろ』 沖縄県にてパチンコホールを展開するピータイムグループ。経営店舗は主に「ピータイ ...

2

8月15日週はお盆休み中ということで新機種導入はなし。翌週も新機種は少ないので次回大型入替は9月上旬 ...

3

『MGM国領店』 東京都調布市にて新たなパチンコホール『メガガイア調布店』がグランドオープンを果たし ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島