×

2021年11月のRSN電話相談、前月比マイナス23件の237件

パチンコ依存問題の相談機関であるリカバリーサポート・ネットワーク(RSN)は12月23日、機関紙「さくら通信」(第176号)で2021年11月中の電話相談状況などを報告した。

資料によると、11月の電話相談件数は237件(支援室21件含む)で10月より23件減少した。また、相談件数237件のうち初回相談は95件あり、本人からの相談が84件(88%)、家族・友人からの相談が11件(12%)。本人性別は、男性が64件(76%)、女性が20件(24%)。本人からの相談経路の内訳は、ホール内ポスター43件、インターネット19件、不明・拒否9件、ホール配布物5件、ホール折込チラシ4件、ホール関係者2件、家族・友人・知人、雑誌、他の相談機関がそれぞれ1件だった。

また、RSNでは11月よりインスタグラムの投稿を開始したことを報告。インスタグラムを通してパチンコ・パチスロの依存問題への取組みや、問題の改善・解決に役立つ情報、勉強会のお知らせなどを発信していくとし、アカウントのフォローを呼び掛けている。

リカバリーサポート・ネットワーク(RSN)


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:260件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

国が推し進めるキャッシュレス決済の取組みや、マイナンバーカード普及に向けたマイナポイントの支給等によ ...

2

「メタルウィン」などの屋号で計3店舗を運営する尾道タイガーグループ、福岡県での出店は初めて 福岡県久 ...

3

『栄FUJI』※2022年1月撮影 愛知県名古屋市の中区にて営業してきたパチンコホール『栄FUJI』 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島