×

西村会長「業界のプラスになっていくことを積極的に取り組んでいきたい」 日遊協、定例理事会を開催

日本遊技関連事業協会(日遊協)は12日、東京都千代田区のグランドアーク半蔵門にて第5回目となる定例理事会を開催した。

冒頭、西村拓郎会長は「撤去問題、コロナなど明るいニュースがなかったが先般、警察庁へ挨拶に伺った際には前向きな話もできるようになり、またパチスロに関して日電協と日工組が協力して状況の改善に取り組んでいただいており、明るい兆しがあると聞いている」と業況改善に期待を込めた。また、広告宣伝の新しい規制の在り方について1月中にワーキンググループを立ち上げ、行政に前向きなお願いができるようMIRAIと協議していく予定であることを伝えた。「今年は業界のプラスになっていくことについて、積極的に取り組んでいきたいと考えている。私が会長に就任して以来ずっと、『日遊協が21世紀会の役割をきちんと果たしていくんだ、横断的組織の強みをしっかり活かしていくんだ』ということを申し上げているが、今年はそれをしっかりと具現化していけるよう動いていきたいと思っている。具体的にはMIRAI、日工組、日電協、全商協、回動遊商以外の業界団体の方にも加盟を促し、日遊協が本当の横断的組織となるべく飛躍の一歩、ステップを踏み出す年にしたい」と抱負を述べた。

理事会では、新規則機設置比率及びホール4団体誓約書確認機関の状況や、自己申告・家族申告プログラムにおける導入マニュアル改訂・ホームページ拡充などについて報告が行われた。自己申告・家族申告プログラムのウェブサイトについては、2月1日より各プログラムの説明案内及び申込書がダウンロードできるようになるほか、導入店舗情報の検索、ホールからの導入店情報の登録がウェブ上で行えるようになる予定。

日本遊技関連事業協会(日遊協)


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:80件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

大都技研は23日、好評稼働中のパチスロ「押忍!番長ZERO」(パオン・ディーピー製)の新パネル「操恵 ...

2

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)は20日、毎月実施している「組合加盟店舗実態調査」における最 ...

3

藤商事は23日、同社YouTubeチャンネルにおいてパチンコ新機種「Pサラリーマン金太郎」のティザー ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島