×

セントラルグループが全面協賛する小学生向けサッカー振興企画「ドリームパスポート」、延べ1638名が利用

高知県、愛媛県、岡山県に『セントラルディーボ』などの屋号でパチンコホールをチェーン展開するセントラルグループ(本社・岡山県倉敷市)は、同グループが全面協賛した「ドリーム・パスポート」について、延べ1638名の小学生がドリーム・パスポートを利用して高知ユナイテッドSCのJFLホームゲームを観戦したと発表した。

ドリーム・パスポートは、高知ユナイテッドSCが取り組む「高知県の小学生向けスポーツ・サッカー振興企画」として、高知県の全ての小学生を全JFLホームゲームに無料で招待するという企画。「プロサッカーを生で見てもらう」機会を積極的に増やし、地元高知県のスポーツ振興、サッカー振興、育成に寄与したいという趣旨のもと2020年にスタートした。

セントラルグループは「今後とも地元高知の子ども達がプロスポーツ・プロサッカーを観戦する機会を増やすなど、育成時代から環境を整えていき、子ども達の抱く将来の夢や希望の可能性を広げるためのサポートをしていくことで、高知県のスポーツ振興に貢献したい」としている。

セントラルグループ


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:84件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『マルハンなんば新館』 大阪の「千日前」エリアは言わずと知れたパチンコ激戦区である。『マルハンなんば ...

2

その店長は「鳩サブレー」の袋を見ると常連客だったおばあちゃんの姿を思い出す。おばあちゃんは毎日決まっ ...

3

SANKYOは25日、同社のYouTube公式チャンネルにおいてパチンコ新機種「Pフィーバーからくり ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島