×

第3期の事業計画・事業予算、ホール4団体誓約書確認機関などについて審議 ~MIRAI、1月理事会を開催

一般社団法人MIRAIぱちんこ産業連盟(MIRAI)は19日、東京都台東区のオーラムにおいて1月理事会を開催。第3期の事業計画・事業予算、ホール4団体誓約書確認機関などについて審議したほか、新規の賛助会員としてエンタテインメントビジネス総合研究所の入会を承認した。

理事会後の記者会見には、東野昌一代表理事と金光淳用副代表が出席。新たな広告宣伝規制のガイドラインについて東野代表理事は「広告宣伝の範囲がアナログ的なものからデジタル化するなか、時代に即した適正な広告宣伝をホール4団体が足並み揃えて協議していきたい」と意欲を示した。

また、昨年12月から実施しているファンアンケートに対し遊技機に関する苦情や好意的なコメントなど230件の意見が寄せられたと報告。集まった意見は今年3月に開設する予定のYouTubeチャンネルで取り上げていくとした。

このほか、スマートパチンコ・スマートパチスロに関して「関連団体から正式な発表はまだ無い。部材不足が続いている状況下であり、業界内で対応ができていない」(東野代表理事)と現状を説明した。

MIRAIぱちんこ産業連盟(MIRAI)


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:270件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

今年4月にグランドオープンした日光商事グループの新店『nikko泉田店』。「Pスーパー海物語 IN  ...

2

三洋物産はこのほど、パチスロ新機種「S笑ゥせぇるすまん4」を発表した。パチンコホールへの導入開始は1 ...

3

数年前から遊技業界でも「依存問題」に対して真剣に取り組むようになりました。それは関係当局の行政講話で ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島