×

2021年度第3四半期の立入検査店舗数は452店舗 、機構が定例理事会を開催

遊技産業健全化推進機構(機構)は13日、東京都千代田区の機構本部において定例理事会を開催した。

定時理事会では、2022年度の事業計画案並びに予算案、臨時社員総会を3月9日に開催することを承認可決。事業計画案については、立入検査活動として遊技機・計数機検査1400店舗、依存防止対策調査1400店舗の実施、スピーディで正確な情報の発信、各社員団体が行う業界健全化に向けた取り組み等への協力などを盛り込んだ。

事務局からの報告では、2021年度第3四半期(2021年10月1日~12月31日)の検査活動について、全国28都府県方面、452店舗(計数機検査79店舗含む)への立入検査を行ったこと、部品取りと思われる異常事案が複数件確認されたことなどが報告された。また、検定・認定期間の確認調査の状況に関しては、同四半期に373店舗において実施し、最終的に行政への情報提供に至った事案も複数件あったとした。

遊技産業健全化推進機構(機構)


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:270件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

今年4月にグランドオープンした日光商事グループの新店『nikko泉田店』。「Pスーパー海物語 IN  ...

2

三洋物産はこのほど、パチスロ新機種「S笑ゥせぇるすまん4」を発表した。パチンコホールへの導入開始は1 ...

3

数年前から遊技業界でも「依存問題」に対して真剣に取り組むようになりました。それは関係当局の行政講話で ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島