×

江戸川区の低貸専門店『SANSA西葛西』が1月31日を以って閉店、自社競合を避ける動きが加速している

『SANSA西葛西』

東京都江戸川区にて営業してきたパチンコ店『SANSA西葛西』が2022年1月31日を以って閉店することを告知している。同店は東西線「西葛西駅」から程近い場所に店舗を構え、総設置台数283台の低貸専門店(2階層)であった。

なお、運営する株式会社Wガーデンは、関東有数の強豪チェーン「遊楽グループ」のグループ企業だ。2020年に入ってすぐ、江戸川区に本拠を構える老舗企業「ウエスタングループ」の10店舗を、ガーデングループがまとめて事業承継したことは記憶に新しいところだろう。その際に新設されたのが株式会社Wガーデンである。

西葛西駅からすぐの場所には『ウエスタン西葛西店』(359台)が存在していて、競合店舗であった『SANSA西葛西』を傘下に収めたのが2020年8月のこと。以降は同商圏で2店舗体制をとってきたが、今回の閉店により『ウエスタン西葛西店』へ経営資源を集約することとなる。ちなみにホームページ上には「SANSAのすべてをウエスタンへ」といった告知とともに、2月1日の大型新装開店もアピールされていた。

『ウエスタン西葛西店』

こうしたいわゆるドミナント展開を推進してきたパチンコホールは他にも多々見られるが、市場内の顧客総数が減少している昨今。自社競合によるマイナス面を考えると、(単店の収益という観点以外からも)閉鎖を選択するホールは増えることだろう。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:270件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

今年4月にグランドオープンした日光商事グループの新店『nikko泉田店』。「Pスーパー海物語 IN  ...

2

三洋物産はこのほど、パチスロ新機種「S笑ゥせぇるすまん4」を発表した。パチンコホールへの導入開始は1 ...

3

数年前から遊技業界でも「依存問題」に対して真剣に取り組むようになりました。それは関係当局の行政講話で ...

-パチンコ業界ニュース, ホール

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島