×

機構の立入検査、緊急事態宣言により事業計画を下回るペースで推移

遊技産業健全化推進機構(機構)は26日、検査部が2021年度第3四半期(2021年10月1日~12月31日)に実施した立入検査店舗数及び検査台数を発表した。

発表によると期間内の立入検査店舗数は28都府県方面452店舗(うち計数機検査79店舗)。検査遊技機数は2864台(パチンコ1350台、パチスロ1514台)、検査計数機は79台(玉56台、メダル23台)だった。

昨年同期と比べると、検査店舗数が約99.8%(昨年度453店舗)、検査遊技機数が約92.6%(昨年度3093台)、検査計数機数が約168.1%(昨年度47台)となった。

本年度の目標店舗数は1500店舗(依存防止対策調査を除く)で、現時点のトータル検査店舗数は781店舗(うち計数機検査105店舗)。事業計画を下回るペースとなっている理由について、機構は「東京都等に緊急事態宣言が発令されたことに伴い、遊技機検査を中止するなどの措置をこうじたため」と説明している。

遊技産業健全化推進機構(機構)


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:156件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

7月1日、兵庫県尼崎市のJR神戸線「立花駅」北側に『キコーナ立花北店』がグランドオープンした。 同地 ...

2

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

3

「パチスロ甲鉄城のカバネリ」(サミー) 連日の真夏日で外に出る気力が湧かない。しかし実際には節電に協 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島