×

池袋駅前のパチンコ店『マルハン池袋店』が大型改装工事のため1月31日より長期休業することを告知済み

「JR池袋駅」の周辺は言わずと知れたパチンコ激戦区である。そんな中で、『楽園池袋店』に次いで永らく市場を牽引してきたのが『マルハン池袋店』だ。総設置台数は781台に上り、パチンコユーザーから高い支持を集めていた優良ホールと評せるだろう。

そんな同店が、ホームページ上で1月31日より長期休業に入ることを告知した。「大型改装工事のため」ということで、むろん改装後には会員カードの貯玉・貯メダルは利用できるようだ。

とはいえ、都内有数の繁華街に位置している店舗であり利用者の数は相当多いはず。貯玉などの交換を希望する顧客には1月30日(日)までの精算を促しているため、対象となる方は気を付けたいところ。

なお「長期休業」との表記があるが同店の上階にあるマルハン運営の映画館「新文芸坐」も既に同日からのリニューアル休業を告知しており、「新文芸坐」は2022年4月1日にリニューアルオープンが予定されている。『マルハン池袋店』の休業期間もそう長くはならない可能性が高い。

いずれにしても、業界のリーディングカンパニーが主要ホールである同店をどのようにリニューアルするのか。新規則機イヤーにおける注目トピックスの一つとなりそうだ。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:270件)


コメント:12件 コメントを書く

  1. いやいや、楽園に客取られて閑散としているし、大体何回目の改装なんだよ?(笑)記事書いてる奴は行った事ないんじゃない?どれだけ評判悪い店か調べてから書こうね。

    28
    17
  2. 改装とかいいんで、はよ潰れて下さい

    25
    9

今、読まれています!

1

今年4月にグランドオープンした日光商事グループの新店『nikko泉田店』。「Pスーパー海物語 IN  ...

2

三洋物産はこのほど、パチスロ新機種「S笑ゥせぇるすまん4」を発表した。パチンコホールへの導入開始は1 ...

3

数年前から遊技業界でも「依存問題」に対して真剣に取り組むようになりました。それは関係当局の行政講話で ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島