×

グリーン電力を活用しSDGsに貢献、キスケが運営パチンコ店の屋上に太陽光発電設備を導入

愛媛県でパチンコ店『PAO』を展開するキスケパオグループ(本社・愛媛県松山市)は、昨年12月16日より『キスケPAO東雲店』『キスケPAO小泉店』『キスケPAO鳥生店』の3店舗に太陽光発電パネルによる自家発電設備を導入した。

各店舗の屋上には総面積約2538㎡(3店舗合計値)の太陽光発電パネルを設置。発電した電力を店舗内に供給し、約10%の電力を自家発電にて補う。また、この太陽光発電設備は災害等の停電時にも電力供給が可能なことから、同社は帰宅困難者への携帯電話充電などに使用するとしており、環境負荷の低減だけでなく、災害時における地域貢献にも繋がる取り組みとなっている。

2021年12月よりSDGs宣言を提唱し、社会問題解決に取り組んでいる同社。今後も「SDGsを意識し、キスケのMISSIONにもある、遊びから様々な喜びを創り出す企画に尽力していく」としている。

キスケ株式会社


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:1件 コメントを書く

  1. パチンコ店ってだけで地域貢献できないでしょ
    ギャンブルで地域貢献とか笑える

    1
    2

今、読まれています!

1

スマスロ特設サイトより 話題となっているスマートパチスロ(スマスロ)の導入日が遂に決定した。第1弾は ...

2

スロットの初期設定を知らない店長が最近増えた、コンサルタントの一人がそう言う。機械知識がないのは現場 ...

3

サンセイR&Dは27日、同社の公式YouTubeチャンネルにて「【P牙狼GOLD IMPACT】本命 ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島