×

『京一』の屋号でお馴染みの松原興産グループが4軒のパチンコホールを2月1日より休業に、「リニューアル予定のため暫くの間」と告知される

松原興産グループ」は関西圏を中心にパチンコホールを店舗展開するチェーン企業である。経営店舗は主に「京一(キョーイチ)」の屋号を冠しており、(ツイン店舗を1軒としてカウントしても)26店舗ほどを運営してきた大手の一つだ。

そんな同社がこの度、4軒のパチンコホールを2022年2月1日より休業したことを告知済みである。
・京都府宇治市:『大久保イーゴス』
・京都府京都市:『京一大枝店』
・三重県津市 :『京一東西店』
・福井県福井市:『マーキュリー』

なお、ホームページ上では何処も「リニューアル予定のため暫くの間休業とさせていただきます」といった表記が見られることから、改装のための充電期間をしばし設けるといったところか。続報を楽しみに待ちたいものだ。

まとめ情報

パチンコ店の閉店・休業まとめ


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:156件)


コメント:17件 コメントを書く

  1. 松原は潰れる時はいつも暫く休業ってコメントを出す
    全店潰れろ

    38
    3
  2. 京一、、京都で一番最初に止め打ち禁止、ステージ止め禁止、保3止め禁止を始めたホールです。
    要はこういったユーザー置き去りにしたツケが漸く因果応報となって返ってきたようです。

    31
    0

今、読まれています!

1

7月1日、兵庫県尼崎市のJR神戸線「立花駅」北側に『キコーナ立花北店』がグランドオープンした。 同地 ...

2

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

3

「パチスロ甲鉄城のカバネリ」(サミー) 連日の真夏日で外に出る気力が湧かない。しかし実際には節電に協 ...

-パチンコ業界ニュース, ホール

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島