×

「ガンダムユニコーン」「エヴァ15 未来への咆哮」が業績をけん引、SANKYOの第3四半期決算は増収増益

SANKYOは8日、2022年3月期の第3四半期連結決算を発表。売上高703億4400万円(前年同期比プラス71.6%)、営業利益200億3300万円(同プラス371.0%)、経常利益208億5100万円(同プラス311.9%)、四半期純利益169億4900万円(同プラス313.0%)で増収増益。主力タイトルの販売好調が業績をけん引した。

パチンコ機関連事業では、「フィーバー機動戦士ガンダムユニコーン」(3万1500台販売)、「フィーバーマクロスフロンティア4」(1万3000台販売)、「新世紀エヴァンゲリオン~未来への咆哮~」(4万800台販売)など計7タイトルを販売。販売台数は13万8494台(前年同期比プラス60.5%)となり、売上高617億7700万円(同プラス66.7%)、営業利益224億5900万円(同プラス129.2%)。

「新世紀エヴァンゲリオン~未来への咆哮~」

パチスロ機関連事業では「パチスロ 戦姫絶唱シンフォギア 勇気の歌」(9900台販売)を販売し、合計台数1万2608台(前年同期比プラス204.2%)、売上高56億3500万円(同プラス231.9%)、営業利益5億3900万円(前年同期は21億5700万円の営業損失)となった。

第4四半期は、主力タイトルの追加販売に注力するとともに、新基準機へのブラッシュアップを図るため、パチンコ機2タイトル、パチスロ機1タイトルの販売時期を次期以降に変更するとしている。

また、「ガンダムユニコーン」および「エヴァ」の販売状況が好調なことから、2022年3月期通期の連結業績予想を修正。売上高836億円(前回予想値からの増減額プラス106億円)、営業利益205億円(同プラス116億円)、経常利益214億円(同プラス118億円)、純利益172億円(同プラス106億円)に上方修正している。

株式会社SANKYO


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:339件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『ビックマーチ東習志野店』 私が気になっているパチンコ店の一つ、それが千葉県習志野市に昨年末グランド ...

2

北電子は10日、同社の公式YouTubeチャンネルにおいて新機種「パチスロ ダンまち外伝 ソード・オ ...

3

『アクセス三宮』店舗外観(増床部分) 三宮エリア最大級のパチンコホールへ『アクセス三宮』 兵庫県や大 ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島