×

パチンコホールの設備投資スタンスは抑制的、オーイズミ第3四半期決算は減収減益

オーイズミは10日、2022年3月期の第3四半期決算を発表。売上高87億1000万円(前年同期比マイナス8.7%)、営業利益8億200万円(同マイナス21.9%)、経常利益8億8700万円(同マイナス24.8%)、純利益5億7500万円(同マイナス26.0%)となった。

機器事業は売上高51億7600万円(前年同期比マイナス7.8%)、セグメント利益3億9900万円(同マイナス43.6%)。周辺機器部門では、新規則機への入替対応などによってパチンコホールの設備投資スタンスは抑制的で販売は低迷。遊技機部門においては、「パチスロひぐらしのなく頃に祭2」の高評価を受けての再々販、「パチスロ東京レイヴンズ」及び「パチスロかまいたちの夜」を市場投入し販売台数の確保に努めたが減収減益となった。

通期の連結業績予想に変更はなく、売上高109億2000万円(前年同期比マイナス14.7%)、営業利益6億6000万円(同マイナス57.0%)、経常利益7億5000万円(同マイナス57.1%)、純利益4億8000万円(同マイナス59.4%)を見込む。

株式会社オーイズミ


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:155件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『グランキコーナ泉佐野店』 昨年、大阪府下においてグランドオープンしたパチンコホールの中で最も注目を ...

2

新卒で大手パチンコホールに就職して4年が経過した。毎日の仕事が苦痛になった。将来のことを考えて転職す ...

3

フィールズは28日、新機種「パチスロBOØWY」(ディ・ライト製)を発売すると発表した。 本機は、8 ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島