×

旧規則機の撤去期限となった1月末における全日遊連加盟パチンコ店舗数は前月比93店舗減の7544店舗

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)はこのほど、「組合加盟店舗実態調査」における最新版の結果を発表した。

それによると2022年1月末の営業店舗数は昨年12月末より93店舗減少し7544店舗(前年同月は8231店舗)。新規店舗は3店舗(前年同月は2店舗)。廃業店舗数は73店舗(前年同月は62店舗)、1月中に発生した休業店舗数は49店舗(前年同月は29店舗)と、廃業・休業店舗数は前年同月を上回った。

店舗数の減少に伴い遊技機の設置台数も大幅に減少している。パチンコは211万159台(前月比マイナス2万263台)、パチスロは134万1112台(同マイナス2万1562台)とそれぞれ2万台減少。その結果、総設置台数は前月比マイナス4万1825台の345万1272台(前年同月は368万2099台)となった。

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:155件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『グランキコーナ泉佐野店』 昨年、大阪府下においてグランドオープンしたパチンコホールの中で最も注目を ...

2

新卒で大手パチンコホールに就職して4年が経過した。毎日の仕事が苦痛になった。将来のことを考えて転職す ...

3

フィールズは28日、新機種「パチスロBOØWY」(ディ・ライト製)を発売すると発表した。 本機は、8 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島