×

『ニラク海老名本郷店』が海老名市と協定締結、水害時に立体駐車場を緊急避難場所として提供

福島県を中心にパチンコホールをチェーン展開するニラク(本社・福島県郡山市)は、『ニラク海老名本郷店』と海老名市との間で「水害時緊急避難場所としての駐車場の一時使用に関する協定」を締結したと発表。本協定により、城山ダムの緊急放流が予定され、相模川の氾濫が予想される場合に、海老名市からの要請に応じて『ニラク海老名本郷店』の立体駐車場(2F~屋上までの車両452台)を提供する。

2月22日に開催された締結式では同店の荒井ストアマネージャーは「万が一災害が発生してしまった場合など、有事の際は少しでも多くの方々に、私たちパチンコ店の敷地を一時避難場所としてご利用いただきたいと思っている」と抱負を述べた。

なお、災害時の支援に関する自治体との協定締結は、『ニラク郡山大町店』(福島県郡山市)、『ニラク平塚黒部丘店』(神奈川県平塚市)に続く3店舗目となる。

同社は「今後も安心安全なまちづくりを目指すとともに、地域社会への貢献に取り組んでまいります」としている。

株式会社ニラク


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:155件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『グランキコーナ泉佐野店』 昨年、大阪府下においてグランドオープンしたパチンコホールの中で最も注目を ...

2

新卒で大手パチンコホールに就職して4年が経過した。毎日の仕事が苦痛になった。将来のことを考えて転職す ...

3

フィールズは28日、新機種「パチスロBOØWY」(ディ・ライト製)を発売すると発表した。 本機は、8 ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島