×

ダイコク電機・片瀬氏が2022年の市場動向の見通しについて講演 ~余暇進、2月度の部会を開催

一般社団法人余暇環境整備推進協議会(余暇進)は2月8日、令和4年2月度の部会・理事会を全面web方式で開催した。

部会では、ダイコク電機DK-SIS室の片瀬宏之室長が「DK-SISにみる2022年」を演題に講演。遊技機分析ならびに市場動向の見通しに明るい同社の講演には大勢の会員が参加した。

冒頭、片瀬氏は2021年中の営業成績を振り返り、種別・貸玉料金別に前年比を示しつつ、4円パチンコでは稼動・粗利・売上ともに2020年を上回る結果であったと説明。また、今年の正月営業(2021年12月29日~2022年1月4日)でも4円パチンコは好調であったことを示した。一方で、4円パチンコの時間粗利が年々上昇を続け、稼動時間は低下を辿る反比例の関係が続いている点をあらためて指摘。そのうえで「稼動時間は時間粗利を抑えない限りさらなる回復が見込めない。時間粗利を下げ、長く遊んでもらうことが望ましいのではないか」と、バランスの重要性を訴えた。

パチスロに関しては2月以降、新規則機のみとなった市場の動向を解説。特にノーマルやAT系といったタイプ別や、店舗ランクと導入台数の相関等といった様々なセグメントを俯瞰した図表を用いて説明を行った。

その中で片瀬氏は、話題性の高い機種を集客力が強い店舗が導入しても、設置台数が多すぎるとアベレージが低下する点を報告し、適切な台数を意識することにより過剰な新台購入を抑えていくことが業績向上に必要な考え方だとした。

余暇環境整備推進協議会(余暇進)


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:179件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

保安通信協会(保通協)は1日、2022年6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

2

6月中の閉店・休業件数は66軒。本年の半年間で閉鎖したパチンコホール数は500軒近くに上っている。 ...

3

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島