×

プローバグループ、広島被害者支援センターへ100万円を寄付

広島県を中心にパチンコホールやゲームセンターなどを展開するプローバグループ(本社・広島市安佐南区)は9日、犯罪被害者への支援を目的に、公益社団法人広島被害者支援センターへ100万円を寄付した。

同支援センターは、2004年に設立以来、犯罪被害者等の各種支援を永続的に展開し、電話相談や弁護士相談をはじめ、相談員の人材育成、他府県センターと連携した支援活動を行っている。犯罪被害者等への支援活動は、ますます重要性を高めており、その活動を支える経費は企業、団体、個人の寄付等の浄財によるところが大きいという。

プローバグループでは、「犯罪者は守られるのに犯罪被害者は守られていない」という現状に少しでも役に立ちたいと、2006年以降、同支援センターが主催するシンポジウムへの参加や、寄付等の支援活動に取り組んできた。

同グループでは、「これからもグループの企業理念である『地域社会への貢献』をひとつでも多く形にすべく、支援活動を継続していく」としている。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:179件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

保安通信協会(保通協)は1日、2022年6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

2

6月中の閉店・休業件数は66軒。本年の半年間で閉鎖したパチンコホール数は500軒近くに上っている。 ...

3

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

-パチンコ業界ニュース
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島