×

茨城県のパチンコ経営企業「伸和」が破産手続き開始決定、昨年4月末までに経営4店舗を全て閉店していた

『ガディス 水戸店』

茨城県のパチンコ経営企業であった「㈲伸和」が、水戸地裁において破産手続きの開始決定を受けたことが3月10日の官報に公告されている。2022年3月1日付け。事件番号は令和3年(フ)第290号。

伸和グループは茨城県水戸市に本拠を構えていて、4軒ほどのパチンコホールを運営してきた企業である。主に「ガディス」の屋号を冠しており、近年では全て茨城県での営業だったことからも、地元ファンの中には馴染み深い方も居ることだろう。

コロナ禍と旧規則機の撤去問題が重なったことで、昨年の年明けから店舗閉鎖が続き、2021年4月末までにグループ全店が閉店。パチンコ事業を断念していたものだ。その後は破産手続き開始の申し立てを行っていたようで、1年経って破産手続き開始決定と相成った次第である。

このように「パチンコホールの閉店ラッシュ」と「経営企業の倒産ラッシュ」には少し時間差があるもの。依然として1800社ほどのパチンコ経営企業グループが残っているが、その数は今年1年間で何処まで減ることになるのだろうか。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:178件)


コメント:28件 コメントを書く

  1. 世の中が清浄化されていく感じがしてなんか清々しいねぇ

    91
    107
  2. 関東だけが急速だか、西日本も閉店ラッシュが来て欲しい。以上

    68
    62

今、読まれています!

1

保安通信協会(保通協)は1日、2022年6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

2

6月中の閉店・休業件数は66軒。本年の半年間で閉鎖したパチンコホール数は500軒近くに上っている。 ...

3

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

-パチンコ業界ニュース
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島