×

余暇進、「ギャンブル等依存症対策推進基本計画(案)」のパブリックコメントに意見を提出

一般社団法人余暇環境整備推進協議会(余暇進)は、内閣官房ギャンブル等依存症対策推進本部事務局が本年2月4日から2月23日までの間、パブリックコメントを実施していた「ギャンブル等依存症対策推進基本計画(案)」に対し意見を提出した。11日に業界メディアにリリースを発信し、その内容を公開している。

「第一章 ギャンブル等依存症対策の基本的考え方等」については、ギャンブル等依存症対策は依存症の現状に係る調査が不十分であることなどから、「『ぱちんこにおける取組』を対象とすることには賛同できない」として、再考を求めた。また、現行基本計画の下で実行された対策が依存症対策に及ぼす効果が検証されておらず不明である現状において、「これ以上の対策を行うことを基本計画案に盛り込むことには賛同できず、自主的な取組に任されるべきである」と指摘。その理由として、①現行基本計画が合理性のない過度な規制であること、②ギャンブル等依存症の定義や因果関係が不明瞭であること、③ギャンブル等依存症の現状に係る調査が不十分であり、これまでの取組の効果が不明であること、④ぱちんこを依存症対策の対象とする合理的理由がないことを挙げている。

このほか「ぱちんこ営業所のATM等の撤去等」については、「平成30年7月17日参議院内閣委員会の特定複合観光施設区域整備法の審議において、和田政宗議員(自由民主党)が、ぱちんこ営業所に設置されているATMの機能・制限を踏まえて、現時点でATM設置を禁ずることは過度な規制になると理解され、今後知見が積み上がり依存の構造が明確に分かったならしっかりと対応しなければならない」旨を発言していたが、現在に至るまで、これら事項については明らかにされていないため、個々の事業者の意思やATM設置契約の条件にかかわらず、撤去を推進するのは不合理であり賛同できない」とした。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:159件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

7月1日、兵庫県尼崎市のJR神戸線「立花駅」北側に『キコーナ立花北店』がグランドオープンした。 同地 ...

2

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

3

「パチスロ甲鉄城のカバネリ」(サミー) 連日の真夏日で外に出る気力が湧かない。しかし実際には節電に協 ...

-パチンコ業界ニュース
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島