×

中部遊商、組合員を対象に13回目となる献血活動を実施

全商協所属の中部遊技機商業協同組合(中部遊商)は9日、組合員を対象にした献血活動を実施した。

医療に必要な血液を献血によって安定的に確保するために、献血に積極的に協力できる企業や団体の事を「献血サポーター」と言い、中部遊商では社会貢献活動の一環として献血サポーターへ参加してから今年で12年となった。

当日は35社・64名(名機会員6社12名含む)が参加。このうち52名が献血を行い、計2万600mlの血液が集まった。中部遊商は「3月は血液が少ない期間とされているので、今後もできるだけこの時期に協力していきたいと考えている」としている。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:179件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

保安通信協会(保通協)は1日、2022年6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

2

6月中の閉店・休業件数は66軒。本年の半年間で閉鎖したパチンコホール数は500軒近くに上っている。 ...

3

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, , , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島