×

バルテック、サンシャイングループと共同開発した沖スロ「アカジン-30」を発表

パチスロメーカーのバルテックはこのほど、パチスロ新機種「アカジン-30」を発表した。

本機は、沖縄県にてパチンコホールを店舗するサンシャイングループとの共同開発した沖スロタイプのパチスロ機で、30ΦAタイプの打感を再現した疑似ボーナス(AT)機となっている。

通常時は、「アバサーランプ」が光ればボーナス確定となる完全告知タイプ。ボーナスは、約282枚獲得(ベルナビ32回)のビッグボーナスと約106枚獲得(ベルナビ12回)のレギュラーボーナスの2種類を搭載。ボーナス中は全ての小役で1G連の抽選を行っており、アカジンランプ点灯でビッグボーナスの1G連が確定する。また、レギュラーボーナス中はリプレイ成立時に特定カ所を目押しすることで設定示唆演出が発生する。

ボーナス合算確率は1/172(設定①)~1/134(設定⑥)。

なお、本機は2022年4月上旬よりサンシャイングループに導入予定となっている。

©BALTEC


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:158件)


コメント:5件 コメントを書く

  1. スロットはこんなのでいいんだよ
    タイアップ機はいらん

    29
    3
  2. 周りは大半辞めた。時間の無駄だし、勝てないから。

    28
    3

今、読まれています!

1

7月1日、兵庫県尼崎市のJR神戸線「立花駅」北側に『キコーナ立花北店』がグランドオープンした。 同地 ...

2

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

3

「パチスロ甲鉄城のカバネリ」(サミー) 連日の真夏日で外に出る気力が湧かない。しかし実際には節電に協 ...

-新台, パチンコ業界ニュース
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島