×

マルハン、日本ポニーベースボール協会の国際活動を応援

マルハンの北日本カンパニー(本社・東京都千代田区)が協賛する「日本ポニーベースボール協会」は、同協会選手らが自ら再生したグローブをベトナム社会主義共和国に寄贈することとなり、3月11日に駐日ベトナム社会主義共和国大使館にて寄贈式を行った。

寄贈式には、駐日ベトナム社会主義共和国特命全権大使のヴー・ホン・ナム氏、日本ポニーベースボール協会の松原仁会長(衆議院議員)と広澤克実理事長、同社の韓俊代表取締役北日本カンパニー社長が出席。ヴー・ホン・ナム氏に再生したグローブ300個と、ポニーアジアパシフィックゾーン公認硬式球30ダースを贈呈したほか、2023年開催予定の「PONYアジアパシフィックゾーンチャンピオンシップトーナメント」へ招待するという。

同社の北日本カンパニーは、日本ポニーベースボール協会の活動理念に共感し、2021年8月より協賛しており、「ポニーベースボール協会が取り組む『スポーツSDGsの実践』が広く知られ、日本国内に影響の輪が広がるよう、これからも『スポーツで、地域にヨロコビを。』をスローガンに、同協会を支援していく」としている。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:159件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

7月1日、兵庫県尼崎市のJR神戸線「立花駅」北側に『キコーナ立花北店』がグランドオープンした。 同地 ...

2

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

3

「パチスロ甲鉄城のカバネリ」(サミー) 連日の真夏日で外に出る気力が湧かない。しかし実際には節電に協 ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島