×

パチスロ5号機の大ヒットタイトルが復活! JPS、新PB機「S2027DB」を発表

パチスロメーカーのJPSはこのほど、プライベートブランド(PB)機のパチスロ新台「S2027DB」を発表。4月中旬より全国20法人の運営パチンコホールに合計1000台が導入される。

本機は、2007年発売の大ヒットタイトル「2027(ニーマルニーナナ)」の後継機。ボーナス高確率状態「バトルモード」でBBを連チャンさせメダルを増やすゲーム性で、同モード中のBB確率(合算)は約1/15。BB獲得枚数は平均120枚。

「バトルモード」へは、1/186.1(設定①)~1/56.1(設定⑥)で発生する「ソナーチャンス」で右リールの自力3択成功(ソナー揃い)で突入する。また、右リールの自力2択失敗(危険目)で通常に転落となるが、危険目が出ても次ゲームでBB告知又はバトルモード継続の逆転パターンの可能性も残されている。

リリースでは「かねてよりPB機などで付き合いのあったパチンコホール企業と『新PB・2027プロジェクト』を進めてきたが、ようやくホール導入できる見込みとなった」とし、増産および一般販売の予定はないという。同プロジェクト参加法人は下記の通りとなっている。

合田観光商事、カツヨシ商事、ザ・シティ、ジョイパックレジャー、ビショップ、カクタ、アンダーツリー・アプリイ、キング観光、敬愛、大松、延田エンタープライズ、勇誠観光開発、タツミコーポレーション、デルパラ、玉屋、三宝商事、浜友観光(3社は非公表)。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:78件)


コメント:11件 コメントを書く

  1. 何を血迷ったらリノタイプで出そうって結論に至るんだ…。
    セカンドまでは実機買うくらい好きだっなのになぁ

    31
    2
  2. リノタイプか…

    13
    4

今、読まれています!

1

パチンコ主力機種における中古価格がまだまだ右肩上がりで推移している。新規則機時代へと突入して以降はめ ...

2

『マルハン上小田井駅前店』 マルハングループは300店舗以上のパチンコホールを有する業界のリーディン ...

3

「麗都商事」グループは茨城県を中心にパチンコホールを展開する有力チェーンである。経営店舗は全て「レイ ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島