×

2022年2月のRSN電話相談、前月比マイナス9件の222件

パチンコ依存問題の相談機関であるリカバリーサポート・ネットワーク(RSN)は3月25日、機関紙「さくら通信」(第179号)を発刊し、2022年2月中の電話相談状況などを報告した。

2月の電話相談件数は222件(支援室29件含む)で、1月より9件減少した。また、相談件数222件のうち初回相談は88件あり、本人からの相談が77件(87%)、家族・友人からの相談が11件(13%)。本人性別は、男性が65件(84%)、女性が12件(16%)。本人からの相談経路の内訳は、ホール内ポスターが28件、インターネットが25件、ホール配布物が5件、ホール折込チラシが3件、家族・友人・知人が2件、ATM啓発メッセージ、雑誌がそれぞれ1件、不明・拒否が12件だった。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:113件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約

今、読まれています!

1

パチンコの4円稼働が絶望的に低いのはなぜか、ある団体の懇親会で訊いた。メーカーは「回らないから」だと ...

2

「スマスロ北斗の拳」がヒットしたこと自体は良かったが、結局のところ過去作を踏襲したシンプルなゲーム性 ...

3

「スマスロ北斗の拳」で、ネットでたびたび言われているのが「冷遇状態」があるんじゃないか?ってこと。 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, , , ,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島