×

昨年12月以降に閉店を選択した「パチスロ専門店」は計77軒に上る、併設店へと業態変更したホールはわずか6軒だけ

新規則機時代へと突入したことにより、(年末から年明け以降にかけて)閉鎖ホールが続出したのは周知の通り。特に「パチスロ専門店」が厳しい状況に置かれているのはユーザー側も重々承知していることだろう。

ちなみに2021年12月1日時点で営業していた「パチスロ専門店」は、全国に563軒であった。それが2022年3月末時点では480軒まで減少している。つまり、この4カ月間に83店舗ものパチスロ専門店が市場から姿を消した計算だ。

ただし、その全てが閉店したわけではなく「パチンコ機」を導入して併設店へと生まれ変わったホールも少なからず散見するところ。例えば、大阪府東大阪市にて営業してきた『SLOT CLUBガリバー』については、昨年末に(4日間の店休を挟んで)改装オープンを敢行。『ガリバー東大阪店』へと屋号変更した上で、パチンコ機51台・パチスロ機355台という設置構成に生まれ変わっている。

また、兵庫県神戸市の『PSAヴィクトリースロット館』では総設置台数257台の内、5台だけパチンコ機を導入するという施策を行っていたものだ。むろん苦肉の策と映るかもしれないが、生き残りに向けて必死に試行錯誤している証ともいえるだろう。

このように、パチスロ専門店から併設店へと業態変更したホールはそれなりにあるかと思えたが。昨年12月以降では(前述した2店舗も含めて)計6軒しか確認出来なかった。これは想像していたより少ない数値であり、やはり「費用対効果の面で見合わない」と判断した店舗が大半だったということか。

結局、昨年12月以降に閉店を選択したパチスロ専門店は計77軒に上っている。この数は今後ますます増えていくはず。併設店へと業態変更するような施策も簡単ではなさそうであり、頭を悩ませる日々が当面続きそうだ。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:85件)


コメント:15件 コメントを書く

  1. 6号機にしておかしくなった。出玉が少ないのにハメすぎ。店側はお客をなんだと思っている

    41
    6
  2. いいぞ、いいぞ♪その調子で皆、潰れろ。

    38
    10

今、読まれています!

1

『キコーナ吹田店』 近年のパチンコ業界において躍進を続けてきたアンダーツリーグループ(キコーナ)。全 ...

2

『マルハンなんば新館』 大阪の「千日前」エリアは言わずと知れたパチンコ激戦区である。『マルハンなんば ...

3

パチスロ6.5号機の第一陣として注目が集まる「Sキャッツ・アイ」(平和) 次の新台入替は6月6日から ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島