×

パチンコ「火曜サスペンス劇場 最後の推理」の甘デジスペックが登場

サミーは7日、パチンコ新機種「デジハネPA火曜サスペンス劇場 最後の推理」(銀座製)を発売すると発表した。パチンコホールへの導入は開始は2022年6月上旬を予定する。

本機は、2021年8月導入開始となった「P火曜サスペンス劇場 最後の推理」の別スペックバージョン。スペックは大当り確率約1/99.9の確変転落タイプ。RUSH突入率は100%、RUSH継続率は約71%、RUSH中の大当りは20%が10R(約1000個)となる。また、大当り後には70回or120回or70回+αor120回+αの電サポが付く。

初回大当りの10%がが約1000個大当りとなり、さらに70回の突サポ抽選も行われ、初当りは安心感のあるスペックとなっている。

©NTV ©大映テレビ ©ホリプロ ©東宝芸能 ©山村美紗オフィス ©Sammy


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:85件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『キコーナ吹田店』 近年のパチンコ業界において躍進を続けてきたアンダーツリーグループ(キコーナ)。全 ...

2

『マルハンなんば新館』 大阪の「千日前」エリアは言わずと知れたパチンコ激戦区である。『マルハンなんば ...

3

パチスロ6.5号機の第一陣として注目が集まる「Sキャッツ・アイ」(平和) 次の新台入替は6月6日から ...

-新台, パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島