×

パチンコホールにおける新入社員数は「マルハン」「キコーナ」「Dステ」の3社が圧倒的

マルハン北日本カンパニーの入社式

新年度を迎えてパチンコ業界にも多数の新入社員が加わっている。ちなみに昨年はコロナの影響もあってその数を大きく減らし、且つ対面での入社式を避ける動きも出ていたものだが。今年は多くのパチンコ経営企業で(コロナ対策を徹底しつつ)従前通り入社式が開催されていた。

情報公開している企業のニュースリリースなどを参照して、パチンコホールにおける「新入社員の採用状況」を集計してみた結果が下表である。なお、あくまでも全体のごく一部に過ぎない点にご留意いただきたい。

■パチンコ経営企業における新入社員数

2022年度 2021年度
男性 女性 合計 男性 女性 合計
マルハングループ 118名 60名
アンダーツリーグループ(キコーナ) 69名 22名 91名 114名 24名 138名
NEXUSグループ(D’station) 39名 43名 82名 28名 19名 47名
延田エンタープライズグループ(123) 38名 56名
ダイナムグループ 19名 5名 24名 13名 8名 21名
善都グループ(ZENT) 8名 13名 21名
ABCグループ 16名 4名 20名 4名 4名 8名
平成観光グループ(KEIZ) 8名 8名 16名 15名 7名 22名
ニラクグループ 7名 7名 14名
玉屋グループ 4名 4名 8名 4名 4名 8名

対象グループ内で「2022年度における新入社員数」が最も多かったのは、やはり『マルハン』で118名だった。なお、2021年度では60名となっていて一昨年の137名から半減していたが、再びコロナ禍前の採用水準に近付いた格好だ。

なお、マルハングループが社内カンパニー制となって初めてとなる昨年(2021年度)には、合同入社式として執り行われていた。その上で「東日本カンパニー」「北日本カンパニー」「西日本カンパニー」にそれぞれ新入社員が加わっていたものである。ただし今回(2022年度)においては「東日本」と「北日本」が別の場所で入社式を実施したのに対して、「西日本」では行われなかったようだ。この辺りの動きも興味深いところといえるだろう。

また、リーディングカンパニーである『マルハン』に次いで新入社員数が多かったのが『アンダーツリー(キコーナ)』である。男性69名・女性22名の計91名が新たなメンバーとなっていた。ちなみに昨年(2021年度)は多くの企業が採用活動を抑える中で、過去最高となる総勢138名の新入社員を迎え入れていたもの。近年のパチンコ業界において主役級の存在感を発揮しているグループ企業であり、人材(人財)への投資にも抜かりなしといったところか。

そして3番手となったのが「Dステーション」の屋号でお馴染みの『NEXUS』だった。こちらは1都11県にて60軒ものパチンコホールを展開している一大チェーンである。本年3月9日には『スーパーDステーション新開地店』のグランドオープンを果たし、更に福岡県にて営業してきたパチンコホール2店舗を傘下に収めたばかりである。

そんな『NEXUS』には今年82名が新たに加わっているが、半数以上となる43名が女性となっていた。パチンコ事業以外にもフィットネス事業・温浴事業などを展開していることも関係しているのだろう。SDGsへの取り組みに積極的な同社らしい一面ともいえるかもしれない。

いずれにしても、新入社員の皆さんにとっては新しい門出だ。業界にフレッシュな新風を巻き起こしていただきたいものである。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:328件)


コメント:66件 コメントを書く

  1. マルハンの前を通ったら小便してゴミ捨て場としての場所なので、ゴミが溜まったらまた持っていきます。

    128
    227
  2. 第一希望がパチンコ店員ってことはないだろうから、ある程度金貯めながら転職活動をするんだろうな。そういう堅実さがないとね!

    85
    24

今、読まれています!

1

『ビックマーチ東習志野店』 私が気になっているパチンコ店の一つ、それが千葉県習志野市に昨年末グランド ...

2

北電子は10日、同社の公式YouTubeチャンネルにおいて新機種「パチスロ ダンまち外伝 ソード・オ ...

3

『アクセス三宮』店舗外観(増床部分) 三宮エリア最大級のパチンコホールへ『アクセス三宮』 兵庫県や大 ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島