×

全国初!「アイドル店員」をモチーフとしたパチンコ機が登場、東京都江戸川区の『サンパレス環七大杉店』で4月19日より稼働開始

『サンパレス環七大杉店』の運営母体である「福日観光グループ」のホームページ

東京都江戸川区のパチンコ店『サンパレス環七大杉店』には、いわゆるアイドル店員と呼ばれる女性スタッフが勤務している。それ自体はもはや目新しいニュースとも言えないところ。

しかし、驚かされたのはここからだ。アイドル店員「ゆうなさん」は本日4月11日に自身のツイッターを更新。そこで「彼女自身をモチーフとしたパチンコ機」が導入されることをアピールしたのだった。その名も『Pぐっもーねん』というらしく、4月19日より導入開始となることを発表している。もちろんアイドル店員が遊技機となったのは業界初のニュースだ。

本機は、マルホン工業が販売していた「P沖7し~さ~ば~じょん」がベースのオリジナルパチンコ台。液晶非搭載の7セグ機で、盤面上部の「ぐっもーねんランプ」が光れば大当りというシンプルなゲーム性の機種となっている。なお、投稿された画像には「大当り確率1/125~1/150」「確変確率80%」「ST回数36回転」との記載があり、「P沖7し~さ~ば~じょん」と全く同じスペックらしい。

ちなみに「ぐっもーねん」はゆうなさんが投稿する際に使用している定番フレーズである。フォロワー数1.3万人超という人気アカウントだけあって、この発表は早くも大きな反響を呼んでいた。投稿には「おめでとう!」や「凄い!」という声のほか、「打ちに行く」といったコメントも多数見受けられたもの。

なお、『サンパレス環七大杉店』は「環七通り」沿いに立地しており、遊技機設置台数はパチンコ機273台・パチスロ機243台の計516台という中規模ホールである。(駅前立地型のパチンコホールが林立している江戸川区においては)比較的珍しいロードサイド型店舗の一つといえるだろう。

本機の稼働状況次第では、他のパチンコ企業も似たような施策に取り組む可能性があるため、導入後の同店には注目していきたいところである。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:9件 コメントを書く

  1. 別に可愛くなかったがなぁ、ここのアイドル店員

    26
    17
  2. 爆発的なヒットは難しいかもしれませんが、新しい可能性の先駆けになるといいですね!チャレンジはいいと思います!

    14
    14

今、読まれています!

1

『メガガイア越谷大里』 パチンコ業界で第4位の経営ホール数を誇るガイアグループ。2018年以降は店舗 ...

2

『いちえん本舗河内天美店』 4月30日、大阪府を中心にパチンコホールを店舗展開するベラジオコーポレー ...

3

「マルハン」グループは言わずと知れたパチンコ業界最大手のリーディングカンパニーである。2002年に1 ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島