×

パチンコ業界が協力して取り組む「がん検診率を高めるプロジェクト」、初の試みが間もなく始動する

愛知県北名古屋市に本社を構えている『株式会社森創(MORISO)』は、パチンコ機の筐体や盤面の製造販売を行っている企業である。そんな同社はこの度、「パチンコ店がんリスク判定検査トライアル」を実施すると発表した。

「がん検診率の低さ」や「がんの早期発見がより難しくなっている」ことが問題とされるようになって久しい。こうした社会課題に取り組んで、「がんの早期発見による健康な街づくり」の実現を目指すのが本プロジェクトの主旨だ。

そのためには「(体と金銭に負担の少ない)がんのリスクを調べる検査」を普及させることが重要である。そこで森創では『線虫を使った新時代のがん検査を提供するHIROTSUバイオサイエンス』と連携。「簡単」「安価」「高精度」を特徴とするがんの一次スクリーニング検査「N-NOSE(エヌノーズ)」を活用したがん検診を実施することとした。

そして検診会場に名乗りを上げたのが『サンシャインKYORAKU栄店』(名古屋市中区)と『ZENT名古屋北店』(名古屋市北区)のパチンコホール2店舗である。愛知県を代表するパチンコ経営企業「善都」と「京楽」の両社が賛同・連携した格好だ。なお、4月29日と30日の2日間に渡って行われる予定。

また、(ホール企業だけでなく)遊技機メーカー9社(京楽産業.、高尾、竹屋、豊丸産業、西陣、藤商事、平和、ベルコ、ユニバーサルエンターテイメント)からの賛同も得られており、文字通り遊技業界を挙げた社会活動として開催されることに。パチンコホール敷地内でのこうした検診活動は、もちろん全国初の試みである。

森創は「今後、規模を拡大することで住民が元気で長生きする健康な街づくりの実現を全国のパチンコ店から発信していきたい」と意気込みを語っていた。パチンコ業界におけるこうした社会貢献活動への取り組みが、少しでも多くの方に認知されることを期待したい。

ジーマ
コロナ禍による受診控えで、がん発見数も減ってるみたいだね
検診は大事らぁ
イスラ

よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:85件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『キコーナ吹田店』 近年のパチンコ業界において躍進を続けてきたアンダーツリーグループ(キコーナ)。全 ...

2

『マルハンなんば新館』 大阪の「千日前」エリアは言わずと知れたパチンコ激戦区である。『マルハンなんば ...

3

パチスロ6.5号機の第一陣として注目が集まる「Sキャッツ・アイ」(平和) 次の新台入替は6月6日から ...

-パチンコ業界ニュース, その他のニュース
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島