×

宮城県遊協の傘下組合員ホール2店舗が「令和4年福島県沖地震」に伴い地域住民に避難場所を提供

宮城県遊技業協同組合(宮城県遊協)は、本年3月16日に発生した「令和4年福島県沖地震」(マグニチュード7・3)に伴い、組合傘下の『パラディソ石巻元倉店』と『パチンコまるたま名取店』が行った店舗周辺の地域住民への支援活動を報告した。

このうち『パラディソ石巻元倉店』(宮城県石巻市)では、地震発生直後に津波注意報とともに、石巻市内沿岸部に避難指示が出されたことから、地域住民の避難場所として立体駐車場及び避難者へホール内トイレを開放。その際、公式ツイッター・屋外ビジョンを通じて「立体駐車場を避難場所として開放している旨」を発信したところ、地域住民の避難車両約100台が立体駐車場を利用した。なお、同店では東日本大震災の被災を踏まえ、2012年4月に地元の元倉町内会と店舗施設を使用する覚書を締結している。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:85件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『キコーナ吹田店』 近年のパチンコ業界において躍進を続けてきたアンダーツリーグループ(キコーナ)。全 ...

2

『マルハンなんば新館』 大阪の「千日前」エリアは言わずと知れたパチンコ激戦区である。『マルハンなんば ...

3

パチスロ6.5号機の第一陣として注目が集まる「Sキャッツ・アイ」(平和) 次の新台入替は6月6日から ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島