×

ニラク、福島市教育委員会に鉛筆2万8513本を寄贈

福島県を中心にパチンコホールをチェーン展開するニラク(本社・福島県郡山市)は13日、福島市教育委員会に2万8513本の鉛筆を寄贈した。

この取組みは、『ニラク福島太平寺店』が店舗の来店客の厚意によって集められた鉛筆を地元の小学校教育に役立ててもらおうと2017年から始めたもの。今年で5年目を迎え、これまでに合計5万6957本の鉛筆を地元の小学校に届けている。

同社は「他にも取り組んでいるお菓子寄贈や災害協定の締結など、安心安全なまちづくりの推進のために、このような地域貢献活動を継続していきたい」としている。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:85件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『キコーナ吹田店』 近年のパチンコ業界において躍進を続けてきたアンダーツリーグループ(キコーナ)。全 ...

2

『マルハンなんば新館』 大阪の「千日前」エリアは言わずと知れたパチンコ激戦区である。『マルハンなんば ...

3

パチスロ6.5号機の第一陣として注目が集まる「Sキャッツ・アイ」(平和) 次の新台入替は6月6日から ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島