×

2021年末のパチンコホール数、前年比577軒減の8458軒 ~警察庁発表

警察庁生活安全局保安課はこのほど、2021年中の風俗環境の現状と風俗関係事犯の取締り状況をまとめた報道発表資料「令和3年における風俗営業等の現状と風俗関係事犯の取締り状況等について」を公表した。

それによると、2021年末のパチンコホール数(許可数)は前年より577軒減少し8458軒となった。その内訳はパチンコ・パチスロ併設店が7690軒(前年比マイナス513軒)、パチスロ専門店768軒(同マイナス64軒)だった。

遊技機の設置台数は、パチンコが233万8294台(前年比マイナス9万4269台)、パチスロが147万5703台(同マイナス9万6345台)、スマートボール等は増減なしの176台。総設置台数は381万4173台(同マイナス19万614台)で、1989年(383万334台)以来、32年ぶりに400万台を割り込んだ。一方、1店舗あたりの設置台数は増加が続き、前年より7.7台増加し451.0台となっている。

台数別の営業所数は、「100台以下」284軒(同プラス59軒、構成比3.4%)、「101~300台」2613軒(同マイナス120軒、30.9%)、「301~500台」2881軒(同マイナス332軒、34.1%)、「501~1000台」2364軒(同マイナス154軒、27.9%)、「1001台以上」316軒(同マイナス30軒、3.7%)で、設置台数100台以下の小型店舗のみが増加した。

イスラ
100台以下のちっちゃいパチンコ店だけが増えてるらぁ
なんでだろうね。ひっそりとグランドオープンしてるのかな。今年は1月にめっちゃ閉店してたし、一気に減りそう
ジーマ

よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:78件)


コメント:1件 コメントを書く

  1. パチンコとスロットの台数が32年前より減ってるってことだろ
    今年は既に150店舗以上が閉店している
    本当にパチンコ業界は今後も安泰なのか疑問だな

    4
    0

今、読まれています!

1

パチンコ主力機種における中古価格がまだまだ右肩上がりで推移している。新規則機時代へと突入して以降はめ ...

2

『マルハン上小田井駅前店』 マルハングループは300店舗以上のパチンコホールを有する業界のリーディン ...

3

「麗都商事」グループは茨城県を中心にパチンコホールを展開する有力チェーンである。経営店舗は全て「レイ ...

-ピックアップ, パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島