×

6.5号機だからこそ実現できた新システムに注目、フィールズが新機種「パチスロ犬夜叉」のPV公開

フィールズは6日、新機種「パチスロ 犬夜叉」の機種サイトおよびプロモーションムービーを公開した。

同社初のパチスロ6.5号機となる本機は、高橋留美子原作の人気マンガ作品「犬夜叉」とのタイアップ機。「AT+A+1」と名付けられた新タイプでの登場となる。

本機最大の見どころはAT「ブッた斬りSRUSH」。初期G数は20Gor30Gor40G+αで、同色ベルの連続でボーナス当選のチャンス。中リールに「ブッた斬り」図柄を狙って、成功すればボーナス獲得。さらに、次回ボーナス当選時はボーナスが「+1」上乗せされ、一度のチャンスで最大8個のボーナスをストックするようだ。

ボーナスは、初期獲得枚数50枚の「ブーストチャンス」、初期獲得枚数100枚の「BIG BONUS(白)」、初期獲得枚数200枚の「BIG BONUS(青)」の3種類となっている。

このほか映像では、「6.5号機だからこそ実現できた新システム搭載」「6号機の壁をブッた斬れ」「続けば続くほどヒリつき感が倍増」といった本機の特徴が紹介されており、「6号機の壁をブッた斬れ」という文言からは一撃で2400枚以上のメダルを獲得できる仕様であると想像される。

また、アニメのOP・ED曲に代表される人気アーティストの楽曲を多数搭載しているとのこと。スペックだけではなく、演出面にも期待したいところだ。

「犬夜叉」は、1996年から2008年まで「週刊少年サンデー」(小学館)にて連載された高橋留美子原作のマンガ作品。累計発行部数は5000万部超え。アニメ化もされるなど、子どもから大人まで幅広いファン層に人気を得ている。

©高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2000&2009 ©CROSSALPHA ©Spiky


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:80件)


コメント:4件 コメントを書く

  1. どうせクソ台に決まってるし
    パチスロなんて全台撤去でいいじゃん!

    17
    13
  2. 今のスロットにさせれるコンテンツが可哀想
    スロットのせいでコンテンツまでおもんない思われそう

    7
    1

今、読まれています!

1

大都技研は23日、好評稼働中のパチスロ「押忍!番長ZERO」(パオン・ディーピー製)の新パネル「操恵 ...

2

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)は20日、毎月実施している「組合加盟店舗実態調査」における最 ...

3

藤商事は23日、同社YouTubeチャンネルにおいてパチンコ新機種「Pサラリーマン金太郎」のティザー ...

-新台, パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島