×

2つの新システムでパチンコの通常時が変わる! ニューギンが新機種「Pだるまっしゅ2」を発表

ニューギンはこのほど、パチンコ新機種「Pだるまっしゅ2」をリリース。これに合わせて本機のプロモーションムービーを公開した。

本機は、ダルマをモチーフとした同社オリジナルパチンコ「CRくるくるぱちんこダルマッシュ」(2012年発売)の後継機。大当り確率1/225の時短突破型タイプでありながら、「突CZ」と「突サポ」という突破への2つの新ルートを搭載し、通常時は約1/99で何かが起こる「通常時革命」をウリとしたパチンコ機となっている。

新ルートの1つである「突CZ」は、通常時に突如訪れるガチチャンスゾーン。同モード中に大当りすれば時短1万回がつくためST突入は目前だ。もう一方の「突サポ」は、「回数券」図型停止で時短(500回or240回or120回or50回)に突入。獲得した時短で突破を目指す。

本機のSTは、継続率約91%、最大出玉約1050個と、高継続かつ爽快感のあるSTとなっている。

表示装置はドットから液晶に進化。さらに巨大化した「だるまギミック」、そして「旦那」「ちひろ」「すもも」を中心に展開される下町情緒あふれるストーリーにも注目だ。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:78件)


コメント:1件 コメントを書く

  1. パチンコ開発は物作り日本の恥

    0
    0

今、読まれています!

1

パチンコ主力機種における中古価格がまだまだ右肩上がりで推移している。新規則機時代へと突入して以降はめ ...

2

『マルハン上小田井駅前店』 マルハングループは300店舗以上のパチンコホールを有する業界のリーディン ...

3

「麗都商事」グループは茨城県を中心にパチンコホールを展開する有力チェーンである。経営店舗は全て「レイ ...

-新台, パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島