×

回胴遊商、今年も「幼児車内放置ゼロ」巡回活動をスタート

回胴式遊技機商業協同組合(回胴遊商)は1日、社会貢献活動の一環として2005年より毎年実施している「幼児車内放置ゼロ」巡回活動をスタートさせた。

この活動は、「販売会社として業界貢献し、子どもの生命を守ろう」という趣旨で、組合員各社に所属する社員等が取引先のパチンコ店を訪問の際に、幼児が車内に放置されていないか駐車場を見回る取り組み。今年で18年目を迎える。

5月1日から10月末日までの6カ月を強化月間として活動を実施。さらに、猛暑が続くと思われる7月1日~8月末日までの2カ月間を「特別強化月間」とし、駐車場に到着したときと帰るときのどちらも必ず場内を一巡するよう活動する。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:80件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

藤商事は24日、同社のYouTube公式チャンネルにおいて新機種「パチスロFAIRY TAIL2」の ...

2

『新!ガーデン春日部』 「遊楽ガーデン」グループは首都圏を中心にパチンコホールを展開する有力チェーン ...

3

高知県公安委員会は5月24日、検定遊技機に関する告示を公開。パチンコ8型式が通過した。 新規通過とな ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島