×

ユニバーサルの22年12月期第1四半期決算、パチスロ販売好調で大幅な増収

ユニバーサルエンターテインメントは12日、2022年12月期の第1四半期決算を発表。それによると、売上高277億3500万円(前年同期比プラス89.1%)、営業利益23億2500万円(前年同期は40億4000万円の営業損失)、経常利益109億600万円(前年同期は19億6100万円の経常損失)、純利益83億6200万円(前年同期は52億600万円の純損失)となった。

期中、パチスロ機では「沖ドキ!DUO」の増産販売や、「バーサスリヴァイズ」「パチスロ デビル メイ クライ5」等の市場導入を行い、販売台数は3万5647台(前年同期比プラス2万9490台)。一方パチンコ機は「Pナムココレクション2」の市場導入を行い、販売台数は2092台(同マイナス4459台)。その結果、売上高162億3800万円(前年同期比プラス201.6%)、営業利益52億8700万円(前年同期は15億2500万円の営業損失)と大幅な増収。

第2四半期は、「SLOTえとたま」「SLOT STEINS;GATE」「Pミリオンゴッド 一撃」などの導入を開始しており、すでに2万4000台が受注済み。

統合型リゾート(IR)事業は売上高112億8600万円(前年同期比プラス26.2%)、営業損失4億9800万円(前年同期は3億8600万円の営業損失)。調整後EBITDAは24億2900万円の黒字(前年同期比プラス68・8%)となった。2022年3月1日より「オカダ・マニラ」のすべての事業が施設収容能力の100%を上限とする運営が認められたこともあり売上高は増加した。

なお、通期の連結業績予想は未定としている。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:80件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

大都技研は23日、好評稼働中のパチスロ「押忍!番長ZERO」(パオン・ディーピー製)の新パネル「操恵 ...

2

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)は20日、毎月実施している「組合加盟店舗実態調査」における最 ...

3

藤商事は23日、同社YouTubeチャンネルにおいてパチンコ新機種「Pサラリーマン金太郎」のティザー ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島