×

SANKYO22年3月期決算は大幅な増収増益、「ガンダムユニコーン」「エヴァ未来」が計画を上回る販売台数を記録

「PF 機動戦士ガンダムユニコーン」
©創通・サンライズ

SANKYOは12日、2022年3月期の連結決算を発表。売上高848億5700万円(前期比プラス46.0%)、営業利益213億5700万円(同プラス224.2%)、経常利益222億5700万円(同プラス197.2%)、当期純利益184億6600万円(同プラス221.2%)。「PF機動戦士ガンダムユニコーン」(3万3400台販売)と「新世紀エヴァンゲリオン~未来への咆哮~」(4万9700台販売)の主力パチンコ2タイトルが計画を上回る販売台数を記録し、大幅な増収増益を達成した。

パチンコ機関連事業においては、新規7タイトル(リユース機を除く)を発売し、総販売台数は16万4590台(前期比プラス30.0%)となり、売上高718億6000万円(同プラス37.4%)、営業利益241億4200万円(同プラス86.9%)。

また、パチスロ機関連事業は「パチスロ 戦姫絶唱シンフォギア 勇気の歌」(1万台販売)や「新世紀エヴァンゲリオン~魂の共鳴~」(1万台販売)など3タイトルを発売。販売台数は2万2433台(同プラス192.1%)に上り、売上高88億9100万円(同プラス194.2%)、営業利益11億8500万円(前期は18億9000万円の営業損失)と、こちらも増収増益となった。

2023年3月期の見通しでは、パチンコにおいては実績のあるシリーズ機に加え、今後主力機としてシリーズ化を期待している新規IPを採用した機種、そしてパチスロは6.5号機を投入し販売シェア向上に努め、通期でパチンコ21万台、パチスロ3万台の販売を計画。売上高1100億円(前期比プラス29.6%)、営業利益290億円(同プラス35.8%)、経常利益295億円(同プラス32.5%)、当期純利益200億円(同プラス8.3%)と、前期比増収増益を見込む。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:178件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

保安通信協会(保通協)は1日、2022年6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

2

6月中の閉店・休業件数は66軒。本年の半年間で閉鎖したパチンコホール数は500軒近くに上っている。 ...

3

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島