×

麗都商事グループがパチンコ新台「ダンまち」を大量導入している、41台を設置する『レイト水戸南』では茨城最大をアピール

「麗都商事」グループは茨城県を中心にパチンコホールを展開する有力チェーンである。経営店舗は全て「レイト」の屋号を冠しており計12店舗を運営してきた。その内訳は茨城県(11店舗)と東京都(1店舗)だ。中でも茨城県以外で唯一運営している『レイトギャップ平和島』は1004台の設置台数を誇る巨艦ホールである。

総じて新台導入意欲も高く、集客力に秀でた店舗が多いのが最大の特徴。茨城県で大きな存在感を発揮しており、文字通りの優良企業と評してよいだろう。

そんな同社がパチンコ新台「PFダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」を大量導入している。設置台数の上位ホールには「レイト」各店が名を連ねており、特に『レイト水戸南』では41台もの導入が確認されていた。ホームページ上では茨城最大が大きくアピールされるなど、かなり力が入っていることだろう。

ちなみに同店では「P Re:ゼロから始める異世界生活 鬼がかりver.」についても全国最大となる40台を設置するなど、これぞと見定めた機械には惜しみなく投資する姿勢を見せてきた。競合店舗の追随を許さない一機種大量導入という施策も、顧客から高い支持を集める一因だ。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:80件)


コメント:3件 コメントを書く

  1. ダンまちは駄目だろう
    大量導入はセンスない

    6
    1
  2. 一パチ打ったけど釘がいつもどうり悪く
    ヘソに入っても1/3でハズレでろくに回らない

    2
    2

今、読まれています!

1

大都技研は23日、好評稼働中のパチスロ「押忍!番長ZERO」(パオン・ディーピー製)の新パネル「操恵 ...

2

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)は20日、毎月実施している「組合加盟店舗実態調査」における最 ...

3

藤商事は23日、同社YouTubeチャンネルにおいてパチンコ新機種「Pサラリーマン金太郎」のティザー ...

-パチンコ業界ニュース, パチンコホール情報, ホール
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島