×

中部遊商が通常総会を開催、山名理事長「新規則機へ移行した今年は業界全体の正念場」

中部遊技機商業協同組合(中部遊商)は12日、名古屋市中区の名古屋観光ホテルにおいて第54回通常総会を開催。6議案を審議し、全て原案通り可決承認している。

山名泰理事長は冒頭の挨拶で「業況の回復なくして私ども販社の隆盛はない。旧規則機から新規則機となった今年は業界全体の正念場」と気を引き締めた。

事業報告によると、令和3年度の打刻書類発給状況は、新規則機への入替や認定申請が増加したことなどにより、流通総数9万9166台(前年度比プラス38%)、打刻件数5万8255件(同プラス25%)とそれぞれ増加した。社会貢献活動においては、防犯カメラ15台の寄贈、児童養護施設(東北6県)に180万円寄付、献血活動等を実施した。令和4年度事業計画では重点推進事項として「適正かつ適法な事業活動」「組織間の連携と効果的な業務」「不正遊技機の撲滅と流出の未然防止」「社会貢献活動」「効果的な複利厚生事業の推進」を盛り込んだ。

また、愛知県警察本部保安課の松崎好伸課長補佐が「中古遊技機流通上の問題点と留意点」を演題に特別講演を行い、撤去遊技機の適正処理、遊技機の流通における業務の健全化、遊技機の不正改造の絶無、ぱちんこのめり込み対策などを要請した。


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, , ,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」