×

販売台数増で遊技機事業V字回復、セガサミーが22年3月期決算を発表

セガサミーホールディングスが13日に発表した2022年3月期の連結決算によると、売上高3209億4900万円(前期比プラス15.6%)、営業利益320億4200万円(同プラス389.0%)、経常利益333億4400万円(前期は17億1500万円の経常利益)、当期純利益370億2700万円(前期は12億7400万円の純利益)。コンシューマ分野の好調に加え、遊技機販売台数の増加により、増収増益となった。

遊技機事業では、パチスロ機において「パチスロアラジンAクラシック」(1万3073台販売)や「パチスロコードギアス 反逆のルルーシュ3」(1万3434台販売)など、10タイトル計7万7870台(前期は3万5273台)を販売。パチンコ機においては「P北斗の拳9 闘神」(3万1865台販売)、「P真・北斗無双 Re:319ver.」(1万7328台販売)など、5タイトル計9万7027台(前期は6万9013台)を販売。その結果、売上高758億6800万円(前期比プラス42.6%)、経常利益102億8200万円(前期は経常損失113億3200万円)となり、赤字からV字回復を達成した。

今後については、部材調達において引き続き注視が必要としながらも、パチンコ・パチスロともに販売台数の増加が見込まれるとし、2023年3月期はパチスロ8万4000台(前期比プラス6000台)、パチンコ11万4000台(同プラス1万6000台)の販売を計画している。

リゾート事業では、東京都などで約6割の日数が緊急事態宣言等の発出期間となり、「フェニックス・シーガイア・リゾート」の施設利用者数はコロナ禍前の20年3月期と比較して9.4%減少。また、「パラダイスシティ」においても各国の渡航制限の影響が大きく、売上高は86億6300万円(前期比プラス37.1%)、経常損失は67億3800万円(前期は経常損失89億7900万円)となった。

2023年3月期の連結業績予想については、売上高3750億円(前期比プラス16.8%)、営業利益400億円(同プラス24.8%)、経常利益400億円(同プラス20.0%)、当期純利益280億円(同マイナス24.4%)を見込む。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:179件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

保安通信協会(保通協)は1日、2022年6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

2

6月中の閉店・休業件数は66軒。本年の半年間で閉鎖したパチンコホール数は500軒近くに上っている。 ...

3

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島