×

平和の22年3月期決算、パチンコの販売が好調増収減益

平和は13日、2022年3月期の連結決算を発表。売上高1215億5800万円(前期比プラス12.8%)、営業利益102億3500万円(同プラス92.7%)、経常利益104億6700万円(同プラス80.5%)、純利益21億9300万円(同プラス153.5%)で増収増益。なお、希望退職制度の実施により、特別退職金として21億円を特別損失に計上している。

遊技機事業の売上高は362億4900万円(前期比プラス8.9%)、営業損失は6億700万円(前期は2億8700万円の営業利益)で増収減益。パチンコは「ルパン三世 2000カラットの涙」(1万8172台販売)、「ガールズ&パンツァー 劇場版」(8722台販売)等を発売し、販売台数は7タイトル6万3095台(前期比プラス1万3205台)。パチスロは「うまい棒」(5500台販売)、「パチスロ戦国乙女 暁の関ヶ原 DARKNESS」(4584台販売)など7タイトル2万9731台(前期比マイナス5662台)の販売に留まった。

パチスロの販売が伸び悩んだ一方で、パチンコは前期を上回る発売機種数を投入したことなどによって、前期より増加。利益面は、パチスロ販売台数の減少、新筐体の投入による原価高の影響により営業損失となっている。

ゴルフ事業では、比較的感染リスクの低いレジャーとしてゴルフが認知されたこと、ゴルフ人気を背景にプレーフィーは上昇。全体の単価も回復傾向が見られ、セグメント別の売上高は853億800万円(前期比プラス14.6%)、営業利益132億8000万円(同プラス74.2%)だった。

2023年3月期は、パチンコ機8タイトル8万8000台(前期比プラス2万4905台)、パチスロ機8タイトル4万2000台(同プラス1万2269台)の販売を計画。通期の連結業績予想は、遊技機事業における販売台数の増加や希望退職制度等の固定費削減効果などから増収増益を見通し、売上高1380億円(前期比プラス13.5%)、営業利益207億円(同プラス102.2%)、経常利益200億円(同プラス91.1%)、当期純利益133億円(同プラス506.4%)とした。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:158件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

7月1日、兵庫県尼崎市のJR神戸線「立花駅」北側に『キコーナ立花北店』がグランドオープンした。 同地 ...

2

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

3

「パチスロ甲鉄城のカバネリ」(サミー) 連日の真夏日で外に出る気力が湧かない。しかし実際には節電に協 ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島