×

本八幡駅周辺のパチンコ店は『UNO』の一強状態が続く、東和産業グループの旗艦店舗として高い集客力を見せていた

『本八幡UNO』

千葉県市川市は県下において第4位の人口数を誇っている。その中で(JR市川駅と並んで)中心部に当たるのが「JR本八幡駅」周辺といえよう。徒歩圏内には京成電鉄「京成八幡駅」も存在していて、行政施設や商業施設が数多く集まっているエリアだ。

そんな本八幡駅からすぐの場所に店舗を構えていたパチンコホール『ピーアーク本八幡』を、東和産業㈱がグループ化したのは2019年6月のこと。その後に『本八幡ZoRoN』へと屋号変更を伴うグランドオープンを果たしていたのだった。

もともと同駅周辺では東和産業の『本八幡UNO』が地域一番店として長らく君臨しており、(数少ない競合店だったピーアークを傘下に収めたことで)UNOグループの独壇場と化している。ちなみに『本八幡UNO』はパチンコ機555台・パチスロ機333台(合計888台)の大型ホールであり、同グループ内で最多台数である点も付記しておきたい。

『本八幡ZoRoN』

5月26日(木)に視察すると、平日昼間ながら300人近い遊技客を集めていて、同駅周辺では圧倒的だった。『本八幡ZoRoN』の客数も合わせると、駅前商圏における9割ほどの顧客を東和産業グループが占めている。

経営ホールは総じて好立地と呼べる場所に店舗を構えている同社であり、その中でも『本八幡UNO』は文字通り旗艦店舗と評せる集客力を見せていた。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:178件)


コメント:3件 コメントを書く

  1. 南口のMAX、ボンに続いてジャンボも閉店。本八幡民はクソボッタUNOを選んでしまったか。悲しい。(打たない店だから)一時期バイトしてた事もあるが、還元する気は全くない店だったよ。釘の作り方も汚すぎてもう・・・

    9
    1
  2. ピーアークが出来たときは凄い良かったけどね

    羽根物ウルトラマンセブンとか凄いでてたな

    4号機の時はジャンボも凄い出てたし

    ジャグラーの456とか平気で捨ててあったな

    ってか当時はそんなん打つ必要がなかったからな

    当時はウノが一番出てない印象だったけどな

    本当に不思議

    ボンもアイパーから女が店長になったら常連がよく打つ羽根物とか釘を厳しくして客が飛んだよね

    女だから仕方ないか

    3
    3

今、読まれています!

1

保安通信協会(保通協)は1日、2022年6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

2

6月中の閉店・休業件数は66軒。本年の半年間で閉鎖したパチンコホール数は500軒近くに上っている。 ...

3

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

-パチンコ業界ニュース, ホール, 千葉県, 関東エリア
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島